プラセンタ美容液の効果は?~人気の馬プラセンタ美容液一覧

PC用メインイメージ スマホ用メインイメージ

プラセンタ美容液の効果が凄い!

数多くの働きを持っていることで知られているプラセンタは、様々な美容製品に用いられているものです。プラセンタは、ほかの美容成分と違って、ひとつで様々な働きがあることから、1つの美容液でいくつもの効果を期待することができます。プラセンタは、どのような特徴を持っているのでしょうか。

保湿効果が高い

お肌の表皮には、天然保湿成分がもともと備わっています。お肌が潤いを保っていることができるのも、天然保湿成分が十分に機能しているお陰です。表皮に備わっている天然保湿成分の主成分はアミノ酸ですが、プラセンタには、アミノ酸が多く含まれていることから、お肌の潤いをサポートすると言われています。お肌の潤いは、お肌のハリや弾力などを大きく左右するものであるため、毎日の中で、アミノ酸を含む美容製品を用いてお手入れをすると、お肌のコンデションを整えることができます。

お肌のターンオーバーを促す

お肌は新陳代謝を繰り返すことによって、美しいお肌の状態を保つことができます。お肌のターンオーバーが正常であると、肌トラブルを未然に防ぐことができます。加齢と共に新陳代謝が低下していく傾向がありますが、それは、細胞の成長や機能を整える働きが低下してしまうからです。プラセンタには、上皮細胞増殖因子という、成長因子が含まれているため、表皮の細胞の働きをサポートすることで知られています。このことから、お肌のターンオーバーを促し、理想的なお肌の状態を目指す方をサポートします。

メラニン色素の生成を抑える

体内に備わっているメラノサイトというものが、お肌を有害な紫外線から守るための働きをしてくれます。紫外線を浴びた皮膚は、活性酸素を発生しますが、活性酸素は身体にとって良くないものであるため、体内のメラノサイトから、チロシナーゼという酵素が作り出され、発生した活性酸素を分解しようとします。この働きの残骸のようなものが、メラニン色素です。お肌の新陳代謝が活発であれば、表皮まで押し上げられて垢となって剥がれますが、メラニン色素がお肌に留まると、シミなどの原因となる場合があります。プラセンタは、チロシナーゼの酵素の働きを抑えるためメラニン色素の生成を防ぎ、美白を目指す方をサポートします。

プラセンタ美容液はどんな肌質にもオススメ

肌質は人それぞれに違いがあります。脂性肌や混合肌や乾燥肌など、それぞれの肌質によって、お手入れに使用する美容製品の特徴にも違いがあります。プラセンタは、様々な働きを持っている成分として広く知られているものですが、プラセンタはどのような肌質にも対応するのでしょうか。

脂性肌の場合

脂性肌の方でも、お肌の保湿を十分に行う必要があります。脂性肌の方の中には、保湿をすることでお肌がベタつくことを好ましく思わない方もいらっしゃるかもしれません。そんな時は、プラセンタで保湿をすると良いかもしれません。プラセンタはお肌を保湿する成分として知られていますが、プラセンタには、数多くの調整作用があるため、お肌の水分と油分のバランスを取るためのサポートをしてくれます。脂性肌の方は、皮脂の分泌が正常な状態に整えられるのを期待することができます。

混合肌の場合

混合肌は、皮脂の分泌が多い部分と、乾燥する部分を併せ持つ肌質です。混合肌の方は、お肌のお手入れをする場合、脂性肌と乾燥肌の両方のお手入れをする必要があります。そんな時は、プラセンタでお肌のお手入れをすると、それぞれの肌質に合わせた化粧品を使い分けることなく、シンプルにお手入れができるかもしれません。プラセンタは、お肌に潤いを与えるのはもちろんのこと、皮脂の分泌が多い部分には、皮脂の分泌のバランスを調整するように働きかけるため、プラセンタひとつで、どちらの部分にも対応することができます。

乾燥肌の場合

お肌の水分と油分のバランスが取れていると、お肌のターンオーバーが促されて、お肌のコンデションを整えることが可能となります。お肌が乾燥している場合、お肌のターンオーバーが滞りがちになりますが、このことから、毛穴が詰まりやすくなることもあるため、注意が必要です。プラセンタには、お肌を保湿する働きがあるのはもちろんのこと、お肌の新陳代謝を促す働きがあるため、お肌のターンオーバーを促します。乾燥肌で様々な肌トラブルが気になっている場合、プラセンタが様々な角度からお肌をサポートしてくれます。

Copyright(C) プラセンタ美容液の効果は?~人気の馬プラセンタ美容液一覧 All Rights Reserved.